« 精進池とお玉ヶ池でサンショウバラを見る | トップページ | 連休中に箱根でバスを利用するなら »

2010年6月22日 (火)

一年越しで黒岳のサンショウバラの花を見る

さて前回の続きで20日の日曜は先週に続いての黒岳
去年歩いたときはほとんど散った後だったを見に行く。
ホテルを出発して温泉場入口バス停から湖尻行きのバスに乗車。
ホントは箱根登山バス桃源台行きのほうが良いのだけれど
今回は伊豆箱根バスツーデーバスフリーを購入していたので
湖尻バス停で9時過ぎに降りて桃源台方向に進み湖尻水門に向かう。
ホテルを出発 湖尻に到着

湖尻水門からの流れにかかるからのほうを見ると
そこに山があることが全く見えないモヤとなっていた。
湖尻水門は見えるものの芦ノ湖の向こうも全く見えない。
また湖も増水しているせいか珍しく水門から水が流れていました。
橋の向こうの山は見えない 湖尻水門から水が流れていた

先週のようにここからも登れるけど今回は湖尻峠側から登る。
なのでまずは登り口のある深良水門を目指して進む。

橋から湖尻水門側に進むとすぐそばの草地ではヤマユリのつぼみ
そんな時期かと思いつつよくよく周囲を見てふと気がついた。
周辺はキレイに草が刈られていたけどヤマユリは避けてあった
見回すと他にもヤマユリは刈られず残っていて
そんなちょっとした手間をかけてくれたことにしばし感謝
ヤマユリのつぼみ 草刈りからヤマユリは残っていた

芦ノ湖西岸歩道を歩いて深良水門近くに10時前に到着。
近くの登り口から湖尻峠に向かって登るのだけど石敷きの道は滑りやすい
こんな日は特に滑りやすいのでこの日は下りではなく登ることにした次第。
深良水門 滑りやすい石敷きの狭い階段

10時半前に湖尻峠に着くとモヤが濃いので注意して道路を渡る。
その先に続く吹きっさらしの斜面黒岳に向かい登っていく。
静岡側から強い風、というか雲が吹き上がって抜けていく。
悪天候ともいえるけど晴天の暑さを思うと涼しくてラクともいえる。
湖尻峠に到着 吹きっさらしの斜面を登る

やがて11時前に黒岳が近づくと先週つぼみだった花が咲いていた
コース脇で風にモロあおられるせいか少し散り気味ではあったけど
しっかりと咲いているのを見ることができました。
コース脇で咲くサンショウバラ 花のアップ

11時頃に黒岳を登りきると近くでも咲いているのが見られました。
黒岳 山頂近くで咲いていたサンショウバラ

そんなをしばし撮影しつつ観賞したあと仙石原側に下る。
すると下ってすぐのところで色の濃い花が咲いているのが見えた。
これは去年一輪だけやはり濃い色で咲いていたのと同じ木
去年は咲き残った一輪に色素でも集中でもしたのかと思ったけど
どうやらこの木自体が濃い色の花を咲かせる個体なのだろう
(それとも土壌の成分とかに関係でもあるのでろうか)。
色濃い花を咲かせていた木 色濃いサンショウバラの花

そうして芦ノ湖展望公園に11時半ころに到着するも当然展望はない
車で乗り付けられる場所だけどこの天気なので人ひとりいませんでした。
芦ノ湖展望公園に到着 眺望は全くない

すぐそばの分岐を下って湖尻水門に向かって降りていく。
下り始めてすぐの場所で目にしたのはヤマオダマキのつぼみ
花はまだだけど特徴であるツノのような部分が見てとれます。
分岐の道標 ヤマオダマキのつぼみ

そうして12時半頃に登り口まで降りて朝歩いたに出た。
しかし朝以上のモヤで橋の向こう側が全く見えない。
朝は橋から見えていた湖尻水門も全く見えなくなっていました。
橋の向こう側は見えない 朝は見えた湖尻水門も見えない

後はまた湖尻バス停に向かい小田原行きのバスにて帰宅。
こんな天気だというのに途中に渋滞もあって小田原まで2時間以上
余計に疲れもしたけど一年越しで黒岳でのサンショウバラが見れました。
湖尻に戻る 小田原駅

もちろん他にサンショウバラといえば駒ヶ岳でも咲きますが
それは去年に結構見ているので今年は心残りだった黒岳で見れてまず満足。
とりあえず今年のサンショウバラを巡る歩きはこれにて終局。

|

« 精進池とお玉ヶ池でサンショウバラを見る | トップページ | 連休中に箱根でバスを利用するなら »

サンショウバラ」カテゴリの記事

ハイキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

福郎さんとご一緒したときを思い出しますネ。
幸いあの時のように雨には降られなかったので
これはこれで涼しくてしのぎやすい天気でした。
(でも木の下では風で枝葉から雫が雨のように落ちてきて結局濡れたのですが...)

投稿: 箱根はいく | 2010年6月23日 (水) 00時49分

なんか去年の駒ケ岳行を思い出すような怪しい天気ですね。でも、目的のサンショウバラがみれて良かったですね。

投稿: 藤田福郎 | 2010年6月22日 (火) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 精進池とお玉ヶ池でサンショウバラを見る | トップページ | 連休中に箱根でバスを利用するなら »