« 新緑の湯坂路を歩く | トップページ | 碓氷峠と日本武尊 »

2009年5月 2日 (土)

「季の湯雪月花」で2泊してきました

4月29日から強羅の箱根強羅温泉 季の湯 雪月花で2泊してきました。
初日は前回のブログの通り湯坂路を歩いたりと16時前に到着。

雪月花は2つの建屋からなり、入口側(駅側)が花の庄
中庭をはさんで奥の建屋が月の庄と名づけられている。
泊まったのは花の庄にある1,2名向けのダブルの洋室
ダブル洋室内1ダブル洋室内2

部屋には液晶テレビにトイレはウォシュレット
冷蔵庫には烏龍茶ミネラルウォーターが入っていて
これは無料サービス、後は持ち込みの飲料に利用
(ちなみに強羅公園の正門近くにコンビニ有り)。
有線LANのコネクタもあるのでインターネットの利用可
ただしパソコンの貸し出しはないと思う。
私は工人舎の小さなノートを持ち込んで利用。

ベランダからの眺め で、花の庄は'ロ'の字状になって内側は吹き抜けていて、
唯一ダブルの洋室が建物の内側に面しているのですが、
各階1部屋だけ外側に面しているダブルの洋室があり、
今回は4階の外側に面したダブルの洋室でした。
ベランダは駅から強羅公園へ登る道に面していました。

客室露天風呂 そしてそのベランダには客室露天風呂も備わっています。
ただしこれは温泉ではなく給湯でお湯を入れて入ります。
それでも大浴場が終わった後でも入れるのがイイところ。
ただし給湯時にバシャバシャと少し大きな音がします。
暖め直しはできないので深夜に湯を足すのは気兼ねします。
でも給湯口にタオルをかけて湯を入れればだいぶ防げる

夕食の食事処は「花鳥」「風月」の2つがあります。
「花鳥」山海の四季彩鍋と和食会席の組み合わせ
「風月」寿司、天ぷら食べ放題にしゃぶしゃぶ
今回は2泊なのでそれぞれ両方を食べてきました。

初日は「風月」で寿司、天ぷら食べ放題
風月献立

まずは食前酒、先附、前菜があり、鍋物でしゃぶしゃぶ。
食前酒・先附・前菜鍋物

次にいよいよ天ぷらと寿司の食べ放題なのですが、
まずは天ぷら4種寿司6種が運ばれます。
天ぷら4種寿司6種

この後は備え付けの用紙に食べたい個数を書いて注文
天ぷらはおきまりが「海老」「めごち」「はんぺん」
春の山菜で「竹の子」「たらの芽」「明日葉」
春の旬魚で「桜海老かき揚げ」「烏賊」がありました。
寿司のほうはかなりうろ覚え(撮り忘れた)なのですが、
握りが「鮪」「海老」「烏賊」「鯛」「金目鯛」
「あなご」「あじ」「つぶ貝」
軍艦巻きで「しらうお」「桜海老」
巻物が「かっぱ」「鉄火」「梅しそ」あたり(かな?)
なお季節、仕入れで変わるのでご参考までに。

ちなみに食べ放題とはいえもちろん時間無制限ではない
夕食は入れ替え制で前半、後半に分かれています。
前半は17時半頃からでラストオーダーは19時(退席19:20)
後半は20時頃からでラストオーダーは21時半(退席22:00)
私は前半で開始は17時45分と遅めだったのですが、
19時までには寿司、天ぷらとも2回追加注文して
十分食べさせていただきました。
寿司追加

また飲み物も飲み放題のコースがあったので、
60分飲み放題(1980円)を選択(他に80分コースも有)。
選べるのはビールで「生ビール(中)」
果実酒で「曽我梅林の梅酒」「にごりみかん酒」
「にごりゆず酒」「にごり梅酒」
日本酒で「火牛(純米吟醸)」「曽我の誉(吟醸)」
「曽我の誉(純米 熱燗)」
ワインで「グラスワイン(赤)」「グラスワイン(白)」
焼酎が「明るい農村(芋)」「銀座の雀 琥珀(麦)」
ソフトドリンクで「オレンジジュース」「黒烏龍茶」
「グレープフルーツジュース」「茜茶」
「ジンジャエール」「コーラ」となっています。
80分コースを選ぶと更に少し種類が増えます。

2日目の夕食は「花鳥」山海の四季彩鍋と和食会席
花鳥献立

まずは食前酒、先附、前菜お造り
食前酒・先附・前菜お造り

次に小鍋三色つみれ鍋
三色のつみれ金目鯛、きのこ、野菜類など。
その後の煮物帆立のクリーム煮
焼物三色田楽となっていました。
小鍋煮物焼物

お食事は雑炊ちらし寿司から選べて雑炊を選択
先ほどの鍋の残りで雑炊にします。
そして最後の水菓子なのですが...
お食事水菓子

実は途中に別注和牛の陶板焼きを追加。
なにやら和牛フェアだそうで昨日も勧められた。
昨日は食べ放題だったのでやめといたのですが、
今日はせっかくなので注文してみた。
確か九州(鹿児島だったかな)の牛で
昨日のしゃぶしゃぶの肉がA3ランクだそうですが
この陶板焼きのものはA5ランクのものだそうです。
ちなみに料金は2500円でそれなりにしました。
和牛陶板焼き

そして朝食のほうは和食膳
連泊の場合は2回目の内容は変えてくれています
朝食1朝食2

温泉は大浴場が花の庄と月の庄の間の中庭にあります。
中庭中庭を横切る通路大浴場前の通路

大浴場入口

中には内湯露天サウナなどがありました。
大浴場の入口付近では氷の入った陶器の入れ物に
ヤ○ルトもどきの飲料が無料サービスで置かれていました。
大浴場の他に貸切の露天風呂中庭に3つあります。
入口付近と大浴場前に使用中かどうかのランプがあり、
これが消えていれば空いています。
但しそう広くはないので1名かせいぜい2名での利用向き。
他にも花の庄2階に天然の温泉ではないのですが
人工炭酸泉の風呂があるようです。

こうして2泊3日を楽しく過ごすことが出来ました。
料金も株主優待を使ってしかも29,30は平日料金だったので、
夕食の飲み物、追加注文すべて含めて4万しなかった。
こういった優待の利用もオススメです
(もちろん株価の下落リスクには十分ご配慮願います)。
かさばる荷物は自宅に送ってもらったのですが、
売店でおみやげ品を買うと送料が500円(標準サイズ)
(そうでない場合は着払いのようでした。)

でも実は同じ系列の小涌谷の水の音が第一候補で
予約時に空きがなくて雪月花にしていたりする。
水の音だとシングルでの利用料金が雪月花より安いし
(客室に露天風呂が無いことによる差かな)、
ランドリーがあるので連泊の着替えも少なく済むし、
ハイキング的には湯坂路に近く千条の滝などもある。
ツツジや桜、紅葉の名所の蓬莱園も近いし
施設めぐりバスの起点である小涌園バス停も近い。
(強羅駅も施設めぐりバスは通るけど、
起点ではないのですでに混雑している場合がある)。

とはいえ別に雪月花が不満ということはない。
客室露天は大浴場が終わった深夜に重宝するし、
寿司、天ぷら食べ放題も魅力だし、
強羅公園や紅葉が見事な箱根美術館も近く
夏の大文字焼きには絶好のロケーションといえる。
ハイキング的には早雲山駅からは神山、駒ケ岳、
宮城野に下れば明星ヶ岳、明神ヶ岳にも向かえる。

そんなワケで帰りは強羅から宮城野に下り、
そこから明神ヶ岳を越えて最乗寺に下って帰ってきました。
で、その話はまた後ほど...

|

« 新緑の湯坂路を歩く | トップページ | 碓氷峠と日本武尊 »

温泉宿」カテゴリの記事

雪月花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新緑の湯坂路を歩く | トップページ | 碓氷峠と日本武尊 »